Photo Gallery

さて、今日はいよいよペンキ塗りです。

こちらのペンキを使用します。

アサヒペンの「MUG color」白です。

1 (32)


もうこのペンキお気に入りになっちゃいました。

だって外蓋も回して開けられるし

中蓋も簡単に開け閉めできるから扱いやすい。

ふつうのペンキはマイナスドライバーで開け閉めして

缶の蓋が曲がってしまいしっかり閉まらず時間が経つと乾燥して使えなくなる。

しかもこのペンキ、マグカップみたいに取っ手がついてるから

塗る時も持ちやすくていい!

よく考えたな~アサヒペンさん!

1 (33)


さっそく本体にペンキ塗っていくよ。

ほどよい艶がちょうどいい。

蝶番も中の金具も全部塗って目立たなくします。

中は外が乾いてから塗らないと側面に跡がついちゃうよ!ついちゃった…

1 (34)


ペンキが乾いたら裏から背板をビスで取り付ける。

1 (50)


中のL字金具は2度塗りすればもっと目立たなくなるけど

物を収納したらそれほど見えないのでこれでよしとしちゃいます。

1 (60)


ペンキが乾いたら扉の磁石を付けます。

おなじみのセリアの超強力マグネットを使用します。

1 (39)


まずは扉に6mmドリルで穴を浅く開けます。

深く開けすぎるとマグネットが埋まって効かないので要注意!

1 (36)


穴を開けたらボンドを差し込んで

1 (37)


マグネットを入れる

扉側のマグネットが乾いたら今度は本体側も穴を開けて取り付けますが

お互いの位置がずれると磁石が効かないので

取り付けた扉側の磁石にペンで色を付けます。

1 (41)


そして扉を閉めると本体側に色が付きます。

そこをねらって穴を開けます。

位置さえわかればよしとします。

ここにマグネットも取り付ければ扉はピタッと閉まります。

くれぐれもプラスマイナス間違えないように。

1 (42)


セリアで見つけたかわいいフックを扉の裏側に取り付けてネックレス掛けにします。

1 (38)


ちょっとアンティークな感じでこんな形とか

image1_20161005203932681.jpg


こんな形もある

image4_20161005203933636.jpg


いっぱいつけたい時はこれがいい

image6.jpg


あとは背板内側から壁にビスで固定して…

完成じゃ~ヽ(*´∀`)ノ

1 (54)


取っ手はルルが断然こっちがいいというのでこちらに決めました!

1 (57)


セリアの手芸コーナーで見つけたものです。

右下にボンドで付けました。

1 (58)


中を開けると化粧台に散らかっていたものがすっぽり収納されました。

ルルのごちゃごちゃになっていたネックレスも全部かけられたよ。

image3_20161005204353dbc.jpg


Bfore

1 (4)

After

1 (53)


スッキリ~!

大満足の出来栄えです!

DIY楽し~。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

IMG_2155.jpg


スポンサーサイト

今日は背板のベニヤに壁紙を貼っていきます。

トイレットペーパーBOXでも登場した、姉にもらった壁紙がまだ余っているので使います。

しかし、使い方は未だよくわからず…

1 (22)


ベニヤより2cmほど大きめに壁紙をカットします。

1 (23)


こんな感じにカットします。

1 (24)


裏のビニールを剥がすと糊が付いているみたいです。

1 (25)


でも、古くて糊が乾いていそうだったので

刷毛に水を付けて濡らしてみました。

1 (26)


こんな感じで刷毛で水を塗って糊を溶かしてみます。

1 (27)


濡らして貼ってみたけれど、端の方は剥がれてきたのでボンドも使用しました。

裏からネジで本体に付けるので多少剥がれても大丈夫でしょう。

1 (51)


背板のベニヤと本体をビスで固定する前にやっておくことがあります。

背板からビスを打って、BOXを取り付ける位置を決めます。

1 (30)


位置が決まったら、アンカーボルトを埋め込んでいきます。

使用したアンカーはこちら。

下地が石膏ボードの時に使います。

1 (46)


先程背板からネジを入れて印を付けた場所にアンカーボルトをねじ込みます。

ドライバーで回して入れていくだけなんだけど

壁紙が盛り上がってくるからカッターでカットしながら入れていくと

仕上がりきれいにできます。

1 (47)


アンカーボルト入りました。

これを四隅に入れていきます。

背板作業、今日はここまで。

1 (48)



昨日はホームセンターでカットしてもらった木材のサイズを間違え

修正に時間を取られてしまい、やる気もダウン…

でも失敗してもやっぱりDIYって楽しいよね~。

朝起きてさっそく始めちゃいました!

材料カットさえすればあとは組み立てればいいのだ!

まずは木工用ボンドで接着。

1 (10)


ボンドだけでは心持たない。

でも両脇側面からネジが見えるのもよろしくないので

家に余っていたL字金具で固定しました。

後でペンキで塗ってしまうので目立たないでしょう。

1 (14) 


棚板のL字金具は足りなくて数が足りなくなって1個しか付けていないけど

後で背板のベニヤの裏から釘で固定することにします。

1 (13) 


ハイ!まずは枠完成!

入れるものに合わせて高さを決めてあります。

1 (12) 


次に扉を乗せてみました。

扉は閉めた時にぶつかってしまったらアウトなので

両扉1mmづつ小さめにカットしてもらいました。

もし隙間ができてしまったらモールディングで調整すればよし!

DIY大好き猫のセナが興味津々、寄ってきます。

1 (17)


扉を蝶番で枠に取り付けます。

1 (19)


扉の表に飾りで付けるモールディングを45度カットします。

1 (15)


カットしたモールディングをボンドで扉に付けていきます。

1 (21)


扉のモールディングを付けたら

次はドアノブを付けてみるよ。

ドアノブのネジに穴を開けて後ろからネジをねじ込むだけ。

1 (28)


セリアでかわいいドアノブ2つ見つけたよ。

どっちにするか決まらなかったので両方購入。

ルルに決めてもらおう!

1 (29)



セルフリフォームさんのDIYコンテストの1位入賞金額2万円がさっそく入金されていたので

その賞金はもちろん!DIYに使わせていただこうと思います。

ということで、材料洗面化粧台収納の材料を購入してきました。

今回は全部ホームセンターでカットしてもらったので

わりと簡単DIYになるのではと思っていました。

がっ!・・・

1 (2)


扉になる板は集成材300×1820の長い板を、扉のサイズ199×600、2枚分カットしてもらいました。

背板になる板ベニヤ板は横40×縦60cmにカットしてもらいました。

扉の飾りになるモールディングは、前にキッチンカウンターをDIYした時に分解して余った材料を再利用することにします。

枠になる板は1×4材2本使用します。

1×4材2本を側面用に60cm、横板上下用に40cm、中板用に36cm、それぞれ2本づつカットしてもらうはずが、間違えて中板用も40cmにカットしてもらっちゃいました!

という訳で、せっかくホームセンターでカットしてもらった木材を、家に帰って再度カットしました…

さっそくドジしたぁ…

しかも当木しないでカットしたら曲がった…

1 (8)


そして、中板も奥行7cmにカットしてもらうのを忘れたので

ここも自分でカットしました…

やはりホームセンターでカットしてもらうようにきれいにはいかないなぁ。

DIYで私に必要なことは、はやる気持ちを抑えること。

よ~く図面を把握してから材料をカットしてもらわないとね!

今日はここまでで終了することにします…はぁ…

1 (9)





そう、次のDIYの案というのはこれなんです。

気づいたらとっちらかっていた化粧台…

物ってすこ~しずつ増えていくんですね…

ん~なんとかしたい!!

1 (4)


物が出ている方が使いやすいという家族の思いと

物が出ているのが気持ち悪いという私の思いとが葛藤して

このまま14年の月日が経ちました・・・

んがっ!

昨日のセルフリフォームさんの入賞が私の背中を押してくれました!

よし!なんとかするぞ~!

というわけで、さっそく今朝起きて図面起こしましたよ~。

おなじみのエクセルで作成しました。

図面1

壁面にぴったりサイズの収納を作りたいと思います。

これさえあれば化粧台に置いたもの全部収納できてスッキリ!

カウンターの掃除もひと拭き!

さぁ、久々DIYやるぞ~!

WHAT'S NEW?