Photo Gallery

パパの誕生日にティラミスロールケーキを作ってみたよ。パパティラミス好きだからね~


ちょっと生地が固くなっちゃったんだよね…
ティラミスの部分はこの前マスカルポーネのみで作ったら物足りなかったのでクリームチーズとマスカルポーネを混ぜました。あとは泡立てた生クリームと砂糖をいれて、とても美味しくできたよ。

あとはクレープグラタンとトルティアとスープと…
なかなか美味しいパーティーでした(^^)
スポンサーサイト
今日は収納左側の扉を付けたよ


めったに使わないけどおでん食べる時にには必要なおでん鍋。箱が大きくてキッチンに収まらず、階段下の倉庫に入っていたけど、やっとキッチンに来れたよ~
たまごっちのクッキーセット。ルルが小さい頃夢中だったから思い出いっぱい。もうあまり使わないけど大事なもの。
そんなものを入れてみました。


扉の上、引き出しの端に飾りのモールディングを付けて…


側面にも飾り板と1/4丸棒を取り付けて、かなり完成に近づきました。


あとはテーブル下の部分、扉を付けるか、カーテンで目隠しするか、考え中・・・


ではでは、昨日買った飾り用の木材を使って今日は扉を作っていこうと思います。
最初に購入したコンパネの余りを扉のサイズにカット。今更またホームセンターに持ち込むのは時効かなと思い、自分で切断したかったわけです。
昨日買った丸ノコであっという間に切断!これノコギリでやったらどんだけ時間と労力がいることでしょう。買ってよかった。


次に桧の板を45度にカットして扉の枠にボンドで付けます。


ボンドの湿気で反らないように、乾くまでしっかり固定。このまま完成でもいいのですが、もう少し家具らしくしたいので…


ここで1/4丸棒登場。枠の内側に付けていきます。


仕上がりこんな感じ。ちょっとしたこだわりです。


蝶番を取り付けます。セリアで可愛らしいの見つけました。


取っ手を取り付けます。これもセリアです。4ミリドリルで穴を開けてネジを回し込めば完了!


蝶番取り付ける側にも飾り板を付けて…


扉取り付け完了!


横から見ると蝶番こんな感じ。


本棚DIYでも登場したマグネットを取り付けます


6ミリドリルでマグネットの厚さくらいに穴を開ける


マグネットをボンドで取り付ける


扉側にも取り付けて完了!


げげっ!なんか…曲がってる…

木材を買いに葛西のシマホに行きました。


浦安にもケーヨーデーツーはあるし、行徳にもユニディはあるんだけど、こんなにモールディングや特殊な木材を扱っているシマホが大好きでDIYをする時は何度も来てしまうわけで…


引き出しの木材もここで購入しました。


今日のお目当ては細い丸棒を1/4にカットしたこの特殊な棒。


薄い棒板もサイズや種類がたくさんある


今日の収獲です。


桧なのでノコギリで切っていくといい香りがしてきます。


そして、今更ですが、作業台と丸ノコを購入。使いこなせるか不安で買えずにいたけど、やっぱりあった方が断然いい!


組み立てるのに時間はかかったけど完成!使いやすそうです。というか、今までよくこれなしでDIYできたなと逆に関心しますわ


ブラックデッカーの丸ノコ。ドリルで使っていたものをヘッド交換するだけで使える優れもの。が、しかし…初心者にはあまりにも不親切な取説のみで、どうやって歯を取り付けるのすらわからん!


やっと理解したので説明すると、まず横に付いている六角レンチを取り外す。


レンチの上の白いボタンを押しながら六角レンチを真ん中に差し込んで回す。普通左回しするとゆるむが右回しだった…回らなくて悩んじゃったよ…


ネジと部品を取り外す


歯を取り付けてまた部品とネジを取り付ける


本体に差し込んで取り付け完了!


さっそく切ってみた。大きな丸ノコよりも軽く、片手で持てるから使いやすい!これはいい!


ノコギリで切るより木くずが出るのでまめに掃除しながら。掃除機2台大活躍。マキタの掃除機はよく工具売り場で見かける。DIYには必需品だな~
作業台もあるからこれから外でできるぞ~!



今日のお買い物(税別)
1/4丸棒70円×14本=980円
桧工作材900×40mm 358円×8本=2864円
桧工作材900×30mm 235円×6本=1410円
丸ノコヘッド 5180円
C型クランプ498円×2個=996円
作業台1980円

飾り用の薄くて細い板は加工に手間がかかるのか、意外と高いです…
キッチンカウンターの下にあるコンセント、使うたびにわざわざカウンターを動かしていた。なんとか使いやすくならないかと考えてたら思いついた。引き出しの中にコンセントを入れてしまえ~!

引き出しの一部にコンセントが入るようにカットする。


釘とボンドで組み立てる


穴の部分が引き出しの後ろにくる


穴からコンセントを通す


引き出しの後ろからコンセントを通す


下に開けた穴にコンセントを通す


コンセントを差し込む


引き出しをセットする。
引き出し5個できたよ~!


仕切りを作ってボンドで貼ります。
裏から支えになる当て木をこれまたボンドで付けます。


引き出し部分完成!
これはけっこう大変な作業でした~!ふぅ~…




手前からお箸入れ


2つ目はちょっとした文房具


3つ目はBOXティッシュ


4つ目はコンセント


5個目は何を入れようかな~…
ゆっくり考えます(^^)
Amazonで購入した引き出しのノブが届きました。
柄もいいけど触り心地が石のようにざらっとしていてかっこいい。
柄は5種類ありました。
IMG_9435.jpg

ノブが5種類。引き出しもちょうど5枚購入。
IMG_9437.jpg

イメージこんな感じ。うん、タイルとよく合ってる。
IMG_9441.jpg

さっそくいつも使っているティッシュボックスを取り付けてみた。
IMG_9547.jpg

いつもテーブルに出しっぱなしのティッシュボックスがすっきり収まった!
IMG_9548.jpg

セリアで箱を探したけど、ちょうどいいサイズのものがなかったので、板を買って自分で作ることにしました。


早速サイズに合わせてカット


ちょうどいいと思って買った板ですが、合わせてみると高さギリギリ…
計算ミスでした…


しょうがない…縦横全部カット…


地道に板を切断してやっと1つ出来上がり!
ボンドで留めて乾いたら釘留め。
なるべく強度を高めるため、板は交互になるように組んで。


正面とノブを取り付けたら完成!


さぁ食べよう!って思った時にお箸がないってよくあるから手が届くところにお箸入れが欲しかった。

今日はキッチンカウンター背板部分を作っていきます。
カウンターがひと回り大きくなったぶん、裏にも収納ができます。
IMG_9531.jpg

まずは仕切り板を取り付けます。
横からビスで留めます。
IMG_9533.jpg

仕切り板の上に引き出しを乗せる板を取り付けます。
カウンター両サイドから隠し釘で留めます。
IMG_9534.jpg

引き出しを乗せる板の正面に取り付けます。
ここも隠し釘で取り付けます。
IMG_9535.jpg

仕切り板の正面にも細い板を取り付けます。
ここはダボを使います。
6×25mmの細目、短めのダボを使います。
IMG_9536.jpg
 

6mmのドリルで穴を2か所開けます。
IMG_9538.jpg

穴にダボ用マーカーを入れて・・・
IMG_9540.jpg

差し込む場所に印をつけます。
IMG_9541.jpg

どちらも穴が開いたらダボを差し込みます。
IMG_9539.jpg
IMG_9542.jpg

下はダボを差し込めないからボンドで留めるか、L字金具を使うか・・・
ん~、留め方でかなり頭使います…
これらの板は、コンパネの余りを再度、レシートと一緒にホームセンターに持ち込んでカットしてもらいました。
ホームセンターによっては再切断できないみたいですけど、うちの近くのケーヨーデーツーはできました!サービスいいな~。
さて、ここまでできたら次は引き出しの準備で~す!
できれば引き出しの箱は100円ショップなどで見つけたいけど、サイズが合うものがなければ作らないと。
資材選びにもかなり頭使います。でも楽しいな~。やっぱりDIY楽しい!
今日はタイルの枠のモールディングの角を修正していきます。
飛び出た部分を鉄ヤスリで削ります。


鉄ヤスリで削ってもまだ隙間があるので…


木工用パテで埋めていきます。


紙やすりで平らにします。
素人の強い味方です。


隠し釘の穴もパテで埋めて…


ヤスリかけます。


四つ角と隠し釘を埋めてタイル枠の修正完了!
ネットで注文したキッチンカウンターの天板の枠に使うモールディングが届きました。こんなに長い!


長さ3660mmと1800mmと2本注文。
本棚作製の時にもお世話になった「WOOD DEPOT」さんで購入。
明細です。
商品名: (額縁)H357 ケーシング 3660mm
単価: ¥1,160
商品名: (額縁)H357 ケーシング 2135mm
単価: ¥800
小 計 ¥1,960(税抜)
消費税8% ¥157
送 料 ¥2,322
====================
合 計 ¥4,439(税込)
商品より送料の方が高いです。
長いものなので特殊な配送になるんでしょうね。


早速45度カットできるマイターボックスでカットしていきます。が、このマイターボックス、木でできていてもうボロボロ。かなり前にダイソーで購入したものだし、ちゃんとしたのを購入し直せばよかったが…


あまりきれいに切れないけど後で修正するとして、モールディングを付けていきます。まずはボンドで接着。タイルがちゃんとはまるか置いてみます。


それから隠し釘で留める。隠し釘はゴムが少し潰れるくらいにしっかり打たないと、頭の部分を落とした時に釘が飛び出てしまうので注意。


一晩置いてボンドが乾いたら隠し釘も取る。ルルにやらせたら上手に取れました。トンカチを直接当てると木材が傷つくので、ヤスリとトンカチで取りました。


長さが1mmでもずれるとこんな汚ない仕上がりになるわけで…大工さんが見たら泣くね~~(・_・;
ここからヤスリとパテなどで修正していきます…


タイル枠取り付け、とりあえず完了!
万が一タイルが割れたらすぐに取り替えられるように、今回は接着剤、目地は入れません。天板に並べるだけです。

キッチンカウンターの材料が徐々に揃ってきました
コンパネ3枚をホームセンターでカットしてもらいました
コンパネ1480円×3枚
カット代1回30円


釘、ビスなど


ローラー
セリアで2つで100円×3セット


カウンターの下にコンセントがあるんだけれど、ほんの少しカウンターが低くて引っかかるので、ローラーを付け替えて高さを5mm上げます


まずは購入したコンパネにローラーを取り付けました。


コンセント部分は当たらないように少し位置をずらして、全部で6個付けました。


これでコンセントが当たらなくなりました。


側面の板を取り付けていきます。
1人でやるには工夫が必要。
椅子で板を挟めば1人でも出来る!


と、そこへルル帰宅。早速手を借りる。
板が90度になるように抑えてもらう。
やはり手を借りた方が正確にできるね。


下穴開けないでいきなりビスを打ち込んだら板割れた…


横着しないで穴あけドリルで下穴開けましょう


下穴開けたらビスを入れます


側面の板つきました!


既存のカウンターのローラーを外して


新しい枠に乗せます。これは大変な作業。1人では到底できない。
そこへユーユ帰宅。3人ががりでセット。


天板を乗せ、ビス止めして、まずは枠完成!
そろそろ夕飯の準備。ダイニング片付けなくちゃ!

今日は枝豆娘3人で女子会だよ~!
浜松町にある坊z(ボウズ)というお店に行ってきました!
店長が知り合いなので一度行ってみたかったんだよね。

まずはフローズンビールで乾杯!
前に船橋で飲んだ時に美味しくて感動したけど、このお店にもあるなんて嬉しいな!


いろいろ盛り合わせ豪華!


とろ牛のステーキ和風バルサミコソース
お肉が柔らかくてとても美味しかった!


チーズ盛り合わせ







美味しいものいっぱい食べて、帰りに東京タワー見て感動して…


酔っ払いながらも無事浦安帰って、カラオケでまた盛り上がりました~!
美味しく楽しくお酒が飲める仲間って大事だな~(^^)





銀座にあるCAFE de GINZAの前を通ると看板に、「銀座で一番おいしい和栗のモンブラン」って書いてある。
そのうたい文句につられて試しに食べてみました。


モンブランケーキは作ったことないけど、いつか挑戦してみたいと思っていたからその時のためのお勉強にもなるしね~。なんて言い訳しながら。


見た目美味しそ~。
でも食べてみると…


モンブランクリーム美味しい!
生クリームふわふわしてこれまた美味しい!
でも…えっ?
モンブランケーキなのにタルトに乗ってない
土台まさかのメレンゲ⁈
タルトあってのモンブランでしょ。
はっきり言って甘いモンブランケーキはメレンゲには合いません!
お店で食べてもがっかりするから自分で作りたくなるんだよね。
ケーキにはうるさい辛口主婦の感想でした…
いよいよ13年お世話になったキッチンカウンターリメイク開始!
さて、まずは天板の枠の細いモールディング部分をはずします。
モールディングと板との間にノミを差し込むように立て、トンカチで叩きます。
木工用ボンドと釘だけて付いているので、意外と簡単に剥がれました。
9_20160404173238c50.jpg

モールディングがはずれたら、モールディングが付いていた木材も剥がしていきます。
この木材、モールディングに見せかけるために彫刻刀で1本線を入れました。
雑なDIYしたわりに変なとこ手をかけてます。
10_20160404173753644.jpg

剥がすとこんな感じです。
またモールディングを取り付けますが、今度はなんちゃってモールディングじゃなくてちゃんとしたものを購入します。
11_20160404173754e33.jpg

次に周りの目地を剥がしていきます。
ちょっとのみを入れたらぽろぽろと手で取れました。
下の板が出てきました。新しい天板のネジを打ち込むのに板を出したかったんです。
12.jpg

次に、タイルを剥がそうと思ったら、がっちり付いて割れてしまったので、剥がすのやめました。
ここにはネジも打ち込まないし、カウンターの高さを保つためにもこの上に板を貼りタイルを乗せていこうと思います。
13_2016040417375622b.jpg

枠分解完了。
15_20160404173757781.jpg

まずはここまで。
ホームセンター回りして慎重に材料選びしてきます。
家を建てた時にディノスで購入したキッチンカウンター
収納力があって木の色もキッチンと同じで、気に入って購入しました。
でも、もともと天板に白と青のタイルが格子状に並んでいるデザインだったけど
その部分だけ気に入らず、買ってすぐ自分で白いタイルを貼り直しました。
1_20160404082219be8.jpg

でも、まだDIYの知識がないまま適当に貼ったのでとても雑なんです。
木材でタイルを囲んだ廻り縁のコーナーは45度カットしていないので繋ぎ目バラバラ…
タイルを枠の大きさに合わせてカットするの自信ないから目地と木で無理やり埋めてる箇所が汚い…
2_201604040821374bb.jpg

隠し釘を使用していないから釘見える…
短い木をつなぎ合わせてるから繋ぎ目ずれてる…
6_20160404092344c1e.jpg

目地割れてる箇所あり…
4_20160404092341167.jpg

木材、目地、タイルの隙間あり…
5_20160404092342495.jpg

写真では分かりづらいけどタイルの真ん中盛り上がってる…
7_201604040923458aa.jpg

側面に紙を貼った時のセロテープ跡が付いてしまった…
3_201604040923406a0.jpg

背板が平らじゃなくていかにも裏…
14.jpg

キッチン用品が増えてゴミ箱、炊飯ジャーが納まらなくなってきた…
8_201604041004087cd.jpg

13年使用したこのカウンターだけど、そんなわけで
いいタイルに出会ったら張替えて全体的にリメイクしたいと思っていたんです。
大きさを一回り大きくして収納力もアップして
今度は失敗のないように、慎重にDIYしていこうと思います。
先日、会社の社長がとてもオシャレなフランス料理のお店に連れて行ってくれました。
フレンチレストラン『夢時庵(ムージャン)』です。

千葉県香取市佐原にあります。
浦安から車で1時間くらいかかります。
このお店の前の通りは古き良き時代の町並みを再現しています。

















店内は古民家風の落ち着いた雰囲気。
料理にスポットが当たるライトでとてもムードがありました。




シャンパンや白ワインがとても美味しく、料理を引き立てます。








いつもは賑やかな会社の飲み会も、なんだか優雅な気分でオシャレな飲み会になりました。
粋な計らいをしてくれるセンスのいい社長にいつも感謝しています。

WHAT'S NEW?