トイレットペーパーBOX DIY3

 23, 2016 08:43
さて、いちばんの難題、BOXを壁に取り付けていきます。
アイアンの棚受けを購入しました。よく利用する『Cerise』(スリーズ)さんで購入しました。色はブラウンを購入しましたが、ネットで見るより実物は黒かったです。まずこの棚受けから取り付けていきます。取り付ける場所に当ててネジ穴に印を付けます。


壁にはいっさい下地も柱も見当たりません。なのでアンカーボルトを使います。棚受けに使ったアンカーはこれです↓
棚受けからアンカーが見えないように小さいものを選びました。


6mmドリルで下穴を開けます。


アンカーを差し込みます。この時、手で押し込んでも入らなかったら軽くトンカチなどで優しく叩いて入れるようですが、強く叩いて1つ簡単に壊れました。要注意です…


アンカー3つ入りました。


付属のネジを一旦奥まで差し込んで抜くと中でアンカーが開いて留まるようです。でも本当に開いてるか見えないのでなんだか心配です…


とりあえず棚受け付きました。後でネジを黒の油性ペンで塗ります。




次に本体を取り付けます。今度はまた違うアンカーボルトを使ってみます。この方が強度も強そうです。


下穴いらず、このまま差し込んでいけばアンカーぎ入っていくようですが、うまく入らなかったので結局8mmのドリルで下穴開けました。でも差し込んだ時に少しゆるい気がしたので6mmドリルでもよかったかな・・・
これはネジを差し込んでいくだけで中でアンカーが開く仕組みです。開くとアンカーが固定するので開いた感じがわかるから安心です。


BOX背板内側からアンカー差し込んだ穴めがけてネジを打ち込みます。取り付けるときはアンカーの穴が見えないのとBOXが重くて支えながらやるのでとても大変でした。1人では出来ないのでパパやルルにお手伝いしてもらいながらなんとか付きました。


それでもまだ強度が心配なので上にエル字金具をとりつけます。今度もまた違うアンカー使ってみます。


下穴いらずでこのままドライバーでねじ込んでいくタイプですが、1つだけうまく入らず強度心配です。ネジが付属していないのであるネジ使いましたがはたしてそれでいいのかも心配…


なんとか留まったので良しとします。


それでもぐらつかずしっかり付いているのでこれで良しとします。完成で~す!
1_20160530094708e69.jpg

中はこんな感じです。


念願のトイレットペーパー18ロールが2つすっぽり入ります!今までウォークインクローゼットの吊り下げた服の下にしまっていたので邪魔でした。いつの間にかストック切れで慌てて買いに行くこともあったりしたけどこれでもう大丈夫!


広角レンズで撮るとこんな感じです。
窓を塞ぐことなく圧迫感も無いので上出来!


スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?